脱毛サロンでVIO脱毛するのは恥ずかしくない?

2014/05/21

水着や下着を履く時に気になるVIOのムダ毛ですが、最近の女性の間ではVIOのムダ毛は脱毛すようになり、処理をすることが定着しつつあります。

しかしVIOの脱毛を自分でしようとすると、Vラインの処理はできても、IOラインは手が届かなかったり見えないこともあるので、処理が難しいです。その上デリケートゾーンなので、肌荒れがしやすくすぐ腫れてしまうことや、黒ずみにもなりやすく、毛抜きで抜いた場合には痛みを感じやすいので、本当に痛いと思います。

そういった問題が多くあるところなので、脱毛サロンで脱毛する女性が増えています。
脱毛サロンで脱毛する場合は、痛いのではないかと気になっている方も多いと思いますが、サロンではほとんど痛くない脱毛をしてくれますし、肌トラブルが起こることもなくツルツルにしてくれますし、料金もだいぶ安くなっています。

全身脱毛はキャンペーン割引利用で損せず賢く!
脱毛サロンで脱毛したいけど、やっぱりVIO脱毛は恥ずかしいと思っている方もいると思いますが、実際施術をするときは施術用の紙パンツなどに履き替えて施術をするので、見えないように配慮しますし、タオルなどで隠してくれます。

もちろん施術をするのは女性なので、安心して頂いて大丈夫です。もし心配であれば、カウンセリングの時に不明や疑問を話しておくと良いと思います。自分で脱毛が難しい場所なので、自己処理で肌を傷つけてしまう前に脱毛サロンでの脱毛をお勧めしたいと思います。カウンセリングは無料で行っているので、気軽に行ってみるのがいいと思います

水着を着て遊びたい女性に嬉しい脱毛器

2014/05/20

夏といえばムシムシと暑いので外出して海やプールへ遊びに行くことは気持ちのリフレッシュになります。
友人との会話も弾み、楽しく遊べるでしょう。ですが海やプールに行くには水着を着ていかなければいけません。

そうなったときに女性達が一番悩むのは毛の除毛処理だと思います。これは時間もかかれば疲れも溜まる重労働です。できるならやりたくないと思う人が多いでしょう。ですがこれが嫌だからと言って海やプールのお誘いを断ってしまうのは勿体ないです。プロポーションに自信がなくてどうしても水着が着れないのなら仕方ないですが、ただの毛の処理のせいで水着が着れないなんて人生勿体ないと思います。

こういったときに活躍するのが自宅用家電の脱毛器です。これを使うと毛をしっかりと根本から処理できて何度も使う内に毛が濃くなっていくこともありません。どちらかというと毛が薄くなる作用があります。脱毛サロンと同じ働きがこの自宅用の脱毛器にはあるのです。これならいつでも家で脱毛を行なえてとても嬉しくなります。サロンへ行く手間も入りませんし、自分でカミソリ等を使って除毛処理する必要もありません。とっても便利なので一度使ってみてください。
脱毛 キャンペーン

自宅での自己処理に悩む女性達のために開発された優れものです。今は完全な永久脱毛効果まではいっていませんが、それでも毛の処理の時間を大幅に減らせるので魅力に溢れています。これを使って海やプールに遊びに出かけましょう。晴々とした気持ちで楽しめて、心も体もリフレッシュできます。

光脱毛とレーザー脱毛

2014/05/15

サロンやクリニックでの脱毛で現在主流なのは、特殊な光や医療用レーザーを照射して毛の元の細胞にダメージを与える光脱毛やレーザー脱毛です。
光脱毛はサロンや導入している機械よってIPL脱毛やフォト脱毛などいろいろな名前で呼ばれます。

どれも脱毛の仕組み自体は似たようなものです。
体毛には、伸びてきて抜け落ち生え替わる毛周期というものがあります。
毛周期は、細胞分裂が起き毛が伸びる成長期、細胞分裂が停止する退行期、毛が抜け落ちしばらく毛根が活動を停止する休止期の3つの周期からなります。
レーザーや特殊な光は、黒い色に反応し吸収され熱を生み出す作用があります。
毛を作り出すのは毛母細胞という部分ですが、レーザー等が成長期の毛母細胞の黒いメラニン色素に反応し、毛母細胞を熱破壊することで毛を無くします。
退行期や休止期の毛母細胞には反応しないので、1回ですべて永久脱毛というのは無理で、それらが成長期に移行したところでまた施術を行う必要があります。

黒い色素に反応するため、ほくろなどがあると反応してしまい火傷になることがあります。
そのため、ほくろ部分をテープなどで隠したりレーザーをあてないように施術を行います。
また日焼けして黒くなっているときも火傷の危険がありますので、肌の色が戻ってから行います。
地の色が黒い場合は、レーザーや光の種類や強さを調整して行います。
レーザーや光が強すぎれば火傷しますし、弱ければ毛が抜けないという問題がありますので、カウンセリング等を丁寧に行い肌質を見て調節してくれるサロンやクリニックを選ぶことが重要です。

Bookmarks
Archive